このページの位置は トップ > 高橋由一 石版画の世界 です。

ここから本文です

高橋由一 石版画の世界

高橋由一について

高橋由一(1828-1894)は、幕末・明治初期の洋画家。

江戸大手前の佐野藩邸生れ。 幼少から狩野派を学んだが、西洋石版画の迫真性にうたれ、文久2年幕府の蕃書調所学局にはいって、川上冬崖のもとで西洋画法を学ぶ。 さらに横浜のワーグマンやショイヤー夫人にも指導を受け、慶応2年上海に渡航。 翌3年パリ万国博覧会に「日本国童子二人一世那翁の肖像画を観て感あるの図」、明治6年ウィーン万国博覧会に「富岳図」を出品。 同年日本橋浜町に画塾天絵桜を開き、後進を指導したが、そのなかには川端玉章・安藤仲太郎・原田直次郎らがいた。

掲載資料について

山形県令としても有名な三島通庸の命をうけて、三島の土木事業(新道開鑿)の全貌を後世に伝えるために、栃木・福島・山形の新道を写生した128図が、「山形・福島・栃木三県新道景色石版画三帖」などとしてまとめられた。 このうち山形県分の手彩色石版画55点を掲載しています。

                

※左上のトップボタンやメニューバーをクリックしてもページに飛べませんのでご注意ください。

※ホームページに戻る場合はブラウザの戻るボタンで戻ってください。

 

ここまで本文です