森田 朋子/著 -- 吉川弘文館 -- 2005.1 -- 329.28 , 329.28

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 棚区分 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
山形県立 地下書庫   /329.28/モリ/ 106014056 一般和書 帯出可 在庫

資料詳細

タイトル 開国と治外法権
副書名 領事裁判制度の運用とマリア・ルス号事件
著者 森田 朋子 /著  
出版者 吉川弘文館
出版年 2005.1
ページ数 332,3p
大きさ 22cm
一般件名 治外法権 , 司法-歴史 , 日本-対外関係-歴史 , マリア・ルース号事件(1872)
NDC分類(9版) 329.28
NDC分類(10版) 329.28
内容紹介 開国日本は欧米諸国と締結した不平等条約といかに対峙したのか。この条約で生じた紛争解決システム=領事裁判制度が、異文化を尊重する制度として効率的に機能したことを検証。負のイメージ=治外法権の一側面に迫る。
ISBN 4-642-03767-5