ジョルジョ・アガンベン/[著] -- みすず書房 -- 2010.4 -- 971 , 971

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 棚区分 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
山形県立 一般開架   /971/アガ/ 108291391 一般和書 帯出可 在庫

資料詳細

タイトル イタリア的カテゴリー
副書名 詩学序説
著者 ジョルジョ・アガンベン /[著], 岡田 温司 /監訳, 橋本 勝雄 /共訳, 多賀 健太郎 /共訳, 前木 由紀 /共訳  
出版者 みすず書房
出版年 2010.4
ページ数 352,8p
大きさ 20cm
一般件名 詩(イタリア)
NDC分類(9版) 971
NDC分類(10版) 971
内容紹介 西洋文化において、あるいはわれわれの文化において、イタリア文化 文学はいかなる構造的特性を認めうるか。イタリア文学を支える諸カテゴリーを明るみにし、「言語活動の経験」としての作品へ深く潜り込んでゆく。
ISBN 4-622-07510-3

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
喜劇 多賀 健太郎/訳
コルン 多賀 健太郎/訳
言語の夢 前木 由紀/訳
パスコリと声の思考 橋本 勝雄/訳
詩の口述 橋本 勝雄/訳
脱-我有化されたマニエラ 橋本 勝雄/訳
アンドレア・ザンゾットの「到来する」ロゴス 橋本 勝雄/訳
紋章学と政治学 前木 由紀/訳
オルフェウスに寄せる詩のトルソ 多賀 健太郎/訳
パロディ 前木 由紀/訳
隠された財宝の祝祭 橋本 勝雄/訳
詩の結句 橋本 勝雄/訳
バスクの少女の謎
言語狩り
中間休止における間投詞
都市と詩
義人たちは光によって養われない
助修士 共-詩行のロンダ
パトリツィア・カヴァッリの反哀歌
悲劇の との別れ