箱石 大/編 -- 勉誠出版 -- 2013.3 -- 210.61 , 210.61

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 棚区分 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
山形県立 一般開架   /210.61/ハコ/ 108640795 一般和書 帯出可 在庫

資料詳細

タイトル 戊辰戦争の史料学
著者 箱石 大 /編  
出版者 勉誠出版
出版年 2013.3
ページ数 425,8p
大きさ 22cm
一般件名 戊辰の役(1868)
NDC分類(9版) 210.61
NDC分類(10版) 210.61
内容紹介 明治政府が編纂した史料集「復古記」とその編纂材料を精査すると、これまでとは違った戊辰戦争像が浮かび上がる可能性が出てきた。戊辰戦争研究のための史料学について考察する。
ISBN 4-585-22019-0

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
戊辰戦争研究のための史料学 箱石 大/著
戊辰戦争に関する新たな史料の発見 箱石 大/著
施条銃段階の軍事技術と戊辰戦争 保谷 徹/著
戊辰戦争期の会津藩による鉱山リース契約 保谷 徹/著
戊辰戦争に関与したシュネル兄弟の「国籍」問題 福岡 万里子/著
戊辰戦争研究の史料となった「復古記」 箱石 大/著
明治政府の同時代史編纂 松沢 裕作/著
『復古記』の歴史知識学的研究 赤石 美奈/著
戊辰戦争史料の総合的考察を目指して 箱石 大/著
戊辰戦争期諷刺史料の歴史的意味 奈倉 哲三/著
「民間木版新聞群」とその情報環境 山口 順子/著
政府系本屋の維新史 藤實 久美子/著
鳥瞰風景のなかの将軍 杉本 史子/著
写真にみる戊辰戦争前夜の箱館・松前 谷 昭佳/著