長谷部 恭男/編 -- 岩波書店 -- 2015.9 -- 393.21 , 393.21

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 棚区分 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
山形県立 一般開架   /393.21/ハセ/ 108855686 一般和書 帯出可 在庫

資料詳細

タイトル 安保法制の何が問題か
著者 長谷部 恭男 /編, 杉田 敦 /編, 青井 未帆 /[ほか著]  
出版者 岩波書店
出版年 2015.9
ページ数 8,258p
大きさ 19cm
一般件名 国防-法令
NDC分類(9版) 393.21
NDC分類(10版) 393.21
内容紹介 「一見極めて明白に違憲」な安保法制の成立を強行しようとする安倍政権。この法案の本質はどのようなもので、私たちに何をもたらすのか。国会論戦を通じて次々と明らかになる矛盾や問題点も踏まえながら多角的に考察する。
ISBN 4-00-022087-3

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
安保法案はなぜ違憲か 長谷部 恭男/著
安保法案と“九条の環” 駒村 圭吾/著
安保法制改定法案の概要とその違憲性 福田 護/著
違憲の集団的自衛権行使を規定する「安保法案」は、撤回すべきである 宮崎 礼壹/著
集団的自衛権「限定行使」の虚構 高見 勝利/著
国際法は錦の御旗ではない 最上 敏樹/著
安保法制は日本の安全保障につながるか 杉田 敦/司会
安保法制で日本は安全になるのか? 柳澤 協二/著
集団的自衛権の抑止力について 栗崎 周平/著
立法事実なき安保法制 半田 滋/著
「非立憲」政権によるクーデターが起きた 石川 健治/著
暴走する政治にどう対峙していくか 青井 未帆/述